シニア猫の介護をペットシッターに依頼するメリット&問題まとめ

シニア猫ちゃんが病気をしてからの介護は、お薬やケアの方法などわからない事が多くて迷うものです。

そんなシニア猫ちゃんの介護は、ペットシッターに任せることで解決します!

ペットシッターは、介護が必要なシニア猫ちゃんのお世話やケアもしっかり行ってくれ流だけはなく、飼い主の時間や安心感も得られてメリットも盛り沢山なのです!

今回は、シニア猫の介護をペットシッターに依頼するメリットやサポート内容をまとめてご紹介します。

 

シニア猫を介護する時の注意点

障害や病気で入院した後のケアは、飼い主さんがシニア猫ちゃんの介護に悩むターニングポイントになります。

 

シニア猫ちゃんに介護が必要かどうかのジャッジも難しいと感じる方も多いはずです。

 

ペットの平均寿命は伸びている

人間界の平均寿命がどんどん伸びているように、ペットフードのなどの改良などでペット界全体の平均寿命も伸びています。

 

例えば、1990年の猫の平均寿命が5歳だったのが、現在では15歳と3倍にも伸びています。

現在のペット界では、7歳からが高齢期とされています。

 

シニア猫ちゃんの変化

人間と同じように猫ちゃんも衰えてきたら、今まで当たり前にできていた事ができなくなります。

その変化になるべく早く気がついてあげるといち早くケアができて、快適に毎日を過ごす事ができます。

なるべく長く一緒に居たいと願うなら、今からご紹介することをご留意ください。

 

・トイレの場所忘れ、失敗(おしっこの回数や量に変化が起こる)

・猫ちゃんが帰り道を忘れる

・壁をずっと見ている

・睡眠時間が長くなる(昼に寝て、夜に徘徊、鳴く事が多くなる)

・不安による攻撃性が高くなる(理由なく攻撃する)

 

などの変化が現れたらすぐに検診を受ける必要があります。

 

シニア猫ちゃんの3ヶ月は人間の1年に相当する

人間なら少し体調が悪くても放っておく事がありますよね。

例えば、シニア猫ちゃんに変化があって3ヶ月放置したとすれば、猫ちゃんにとっては1年放置されたのと同じになります。

 

1年も経ってしまえば、かなり変化が現れてしまいますよね。

シニア猫ちゃんの場合は、1日でも早く対応してあげなければなりません。

シニア猫ちゃんの介護が始まったら、ペットシッターを利用すると飼い主さんの負担が劇的に軽減します。

 

ペットシッターにシニア猫を介護を依頼するメリット

ペットシッターにシニア猫ちゃんの介護を依頼するとメリットが盛り沢山です!

わからないことを気軽に聞ける存在がいるのは安心しますよね。

ペットシッターを利用することで得られるメリットをご紹介していきます。

 

ペットシッターがしてくれる事

ペットシッターサービスは、急な外出でシニア猫ちゃんのケアをして欲しい時など、ペットシッターが自宅に訪問してくれてお家の中でお世話をしてくれるサービスです。

ペットシッターがサポートしてくれる事は、コースによって若干異なります。

 

ペットシッターサービス

基本的には食事のお世話、トイレの世話、爪やブラッシングのお世話、お口、耳のチェックをしてくれます。

また、何か異変など気づいたことを伝えてくれるので、飼い主が見逃していた病気を発見するのにも役立ちます。

 

介護サービス

シニア猫ちゃんが退院した後のお薬のあげ方や状態を観察して報告してくれ、おむつの交換や食事の介助など様々なアドバイスとケアを行ってくれます。

ちょっとした心配事を相談できるのは、飼い主さんにとって心のケアにもなります。

寝たきりのシニア猫ちゃんのケアももちろんOK!

飼い主さんの代わりに通院してくれるペットシッターさんもあるので、息抜きしたい時や用事があるときに便利です。

 

動物看護師が行っているペットシッターサービスだとより専門知識が豊富なのでお任せしやすいでしょう。

 

シニア猫と暮らしているシニア飼い主さんへお願い

シニア世代の方がシニア猫ちゃんを飼っていると、ケアに手が回らなくなってきてしまう事態に見舞われるのは仕方がないことです。

飼い主さん自身が病気や怪我などをした場合は、猫ちゃんと長く幸せな日々を過ごすためにもご自身のケアをまず優先すべきです。

飼い主さんが、シニア猫ちゃんのケアに手が回らなくなる前に留意しておいて欲しいことをご紹介します。

 

シニア世代の飼い主さんが注意すべきこと

シニア世代の飼い主さんがシニア猫の病気に気づかない、餌を上げるのを忘れるなどでシニア猫ちゃんが非常事態になってしまうトラブルも少なくありません。

 

そんな事態を避ける為にも、飼い主さんの持病や健康状態が悪くなる前にペットシッターに介護を依頼しておく必要があります。

ストレスを感じやすいシニア猫ちゃんにとっても飼い主さんが元気なうちから依頼しておくとストレスなく生活が続けられます。

 

まとめ

シニア猫ちゃんがお家に居るなら、ペットシッターをうまく活用して猫ちゃんも飼い主さんもストレスフリーな毎日を過ごしましょう!

 

シニア猫ちゃんの老化に伴う病気は飼い主さん1人で抱えるのは、精神的・肉体的負担が大きいです。

ペットシッターさんの力を借りることで、その負担はかなり軽減されて猫ちゃんと飼い主さんの毎日に余裕が生まれ大切に生きていく事ができます。

飼い主さん自信が辛い時は、無理せずにどこかに頼ることも必要です。