ペットシッターに愛猫をシッター依頼【料金とサービスまとめ】

愛する猫ちゃんを急な用事で預けたい時に、便利なサービスがペットシッターです。

ペットシッターを一度依頼して問題なければ、2回目からはもっと楽チンに依頼できて外出や遠出もしやすくなります。

遠方にいる親の介護で頻繁に外出しなくてはならなくなったなど、毎日の生活習慣に変化が起こった時にサポートしてくれるのがペットシッターの存在です。

愛する猫ちゃんのためにも自分の人生にも支えになってくれる一般的なペットシッターの料金やサービス内容をまとめてご紹介します!

ペットシッター基本料金とサービス内容

ペットシッターに猫ちゃんのお世話を依頼する場合に必要な基本的な料金とサービス内容をご紹介します。

 

ペットシッターの基本的なサービス内容と料金

 

・ご飯のお世話(お水とご飯の準備、食べ残し確認、お皿洗いなど)

・トイレの掃除やトイレ周辺の清掃

・遊び、グルーミング

・爪、口、耳のケアや健康チェック

・報告メール(ウンチの回数やご飯の食べ残しなどをその日に気付いたことや出来事を飼い主さんに報告)

 

基本的なペットシッターサービスの料金は、30分〜1時間2.000円〜4.000円が相場であり、それに加えて交通費(500円〜)が必要です。

当日・前日キャンセルには、キャンセル料が別途かかる場合がほとんどです。

 

専門知識のある動物看護師が行うペットシッターや基本サービス内容の他にペットマッサージなどがついている場合は、相場よりも少し高くなる場合があります。

 

初回のペットシッターを依頼する際に必要なこと

初回登録料金(カウンセリングシート作成料など)として1,000円〜多くの場所で加算されます。

実際に訪問する前に打ち合わせで、アナタの猫ちゃんの性格や特徴などを伝えておきましょう。

また、持病がある場合は事前打ち合わせの時にお薬などの詳細を伝えておきます。

ペットシッターを利用する上での疑問点、要望などは、事前の打ち合わせで解消しておくのがオススメです。

ペットシッターを利用する際は、前もって合鍵が必要なので作製しておきましょう!

 

ペットシッターのオプションサービスと追加料金

ペットシッターによっては、オプションサービスを用意している所があります。

主なペットシッターのオプションサービス内容と追加料金についてご紹介します。

 

2匹目以降のシッター 1匹500円〜

ほとんどのペットシッターは、2〜3匹まで基本料金に含まれており、基本サービス以上の多頭になると追加料金が発生します。

 

小動物のシッター 1ゲージ(水槽)2,000円〜

小鳥やウサギ、亀などの小動物のお世話は、ゲージ(水槽)の掃除やご飯、お水の準備などしてくれます。

 

通院代行や送迎サービス 1回2,000円〜

通院やペットサロンなど必要に応じて代行して送迎してくれるサービスがあるペットシッターを選ぶとかなり便利です。

 

フード・猫砂 

うっかり飼い主さんが予備のフードや猫砂を用意していなかった場合は、ペットシッターさんが用意してくれます。

その際、切れてしまったフードや猫砂の別途料金が発生します。

その他

繁忙期(GW・お盆・年末年始)は、通常より割増料金が掛かります。

ペットシッターが対応できる・できない事

ペットシッターが基本的なサービス以外で対応できることやできないことをご紹介します。

ペットシッターが対応できる事

・観葉植物の水やり

・郵便物の取り込み

・金魚などのお世話

・シッター中の猫ちゃんの様子を写真や動画で報告

・猫ちゃんについてのアドバイス、相談

 

その他にもちょっとした家事なら対応してくれるペットシッターさんもいるので、事前打ち合わせの時に聞いておくと良いでしょう。

また、猫ちゃんに関する相談ができるのもペットシッターを利用する利点です。

病院に行くまでもないような事や病院に行った方が良いかどうかなど相談してみると良いでしょう。

 

ペットシッターが対応できない事

・医療行為

・特殊な動物のお世話

・混合ワクチン接種していない猫ちゃんのお世話

・その他、ペットシッターに全く関係のない用事

 

ペットシッターは、あくまでお世話役なので医療行為をしてはいけません。

シッター中に猫ちゃんに何かあった場合は、飼い主さんに連絡しすぐに病院へ行き対応して頂きます。(別途費用)

また、ペットシッターによっては、猫ちゃんがワクチンの接種をしていないとペットシッターを引き受けてくれない場合があります。

ペットシッターが安心してお仕事する為にも、ワクチン接種証明書を用意しておきましょう

まとめ

ペットシッターは、低コストで愛猫を自宅で面倒を見てくれるアナタのサポーターです!

猫ちゃんとペットシッターの相性が悪くなければ、利用する毎に自然と慣れていき猫ちゃんもアナタも徐々に不安はなくなっていくでしょう。

初回の利用までは、事前打ち合わせなど多少手間がかかりますが、2回目からは更にスムーズな利用が可能な為、手放せなくなります!

利用頻度が高ければ、鍵はペットシッターに預けっぱなしという方もいるくらいです。

愛する猫ちゃんが安心してお留守番できるようにサポートしてくれるペットシッターの存在は利用し出すとかなり便利で、アナタの日常に不可欠なものとなるでしょう。