子犬、成犬別ペットシッターがおこなう散歩中の働きかけをチェック

ペットにワンちゃんを迎えたいとお子さんにいわれたときに、心配になるのは、ワンちゃんの日々の散歩ではないでしょうか。

 

共働きで、平日は遅くまで外に出ている飼い主さんにとっては、毎日ワンちゃんを外に連れ出しての散歩は難しいものでしょう。そこでたよりになるのが、ペットシッターのお散歩代行サービスです。

 

ペットシッターは、ワンちゃんの年齢や性格にあわせて、散歩中のアプローチを変えています。安心して、大切な家族の一員であるワンちゃんのお散歩をペットシッターにお願いできますよ。

 

ワンちゃんには散歩が大切

外の犬小屋で飼われるのがメインだった時代からかわり、最近では、室内で飼われるワンちゃんが増えてきています。日本獣医師会の調査によると、国内で飼われているワンちゃんのうち、約6割が室内飼いされているそうです。

 

室内で過ごすことが多いワンちゃんも、日々の散歩は大切です。

 

ワンちゃんの散歩には、ストレスが発散できる、健康な体作りができる、日光浴ができる、ほかの犬とのかかわりを持てる

以上の4つのメリットがあります。

 

ワンちゃんがストレスなく健康に過ごせるように、ペットシッターのお散歩代行サービスを有効活用しましょう。

 

ペットシッターがおこなう子犬の散歩中の働きかけ

 

ワンちゃんの小犬期間は、ワンちゃんの品種とサイズによって異なります。小犬のあいだは、ペットシッターは安全な場所で、ワンちゃんが外の環境やほかのワンちゃんや飼い主さんに慣れる経験や、社会性の習得をメインに散歩をおこないます。

 

散歩の前に、ワンちゃんにリードや首輪に慣れさせておく

小犬のワンちゃんは、はじめての物や体験には慎重になってしまうもの。そのためペットシッターは実際に散歩に行く前に、ワンちゃんに室内でリードや首輪につけて、リードや首輪の感触に慣れさせておきます。

 

首輪やリードをつけても、ワンちゃんが嫌がらずに散歩ができるようになってから、外でのお散歩デビューをしてくれるので、ワンちゃんが怖がって散歩を楽しめない心配もないでしょう。

 

ワンちゃんにあった散歩時間を調整

生後1歳までのワンちゃんはまだ、骨が十分に形成されていません。そのため、ペットシッターはワンちゃんにあわせて、散歩の回数や時間、距離を調整しています。

散歩中は拾い食いに気を付ける

好奇心が旺盛な小犬のワンちゃんは、外の世界のいろいろなものに興味津々。ペットシッターは、飼い主さんの大切なワンちゃんが誤飲をしないよう、注意しながら散歩を行います。

 

小犬のワンちゃんは、口に入れたものを丸のみするクセがあります。そのため、誤飲につながるものを見つけたら避けて通ったり、リードを短く持って急な行動に対応したりするようにしています。

 

多くのワンちゃんや飼い主さんと触れ合って社会性を身に着けられるようにする

小犬のワンちゃんにとって、散歩は社会性を身に着ける大切な要素です。ペットシッターは、散歩中にほかのワンちゃんや飼い主さんとふれあえる機会をもうけて、ワンちゃんに社会性が身につくように働きかけています。

 

成犬と遊ばせて大きな犬への恐怖心を取り除いたり、ほかのワンちゃんと触れ合わせて、ワンちゃん同士の会話を学ばせたりします。

 

ペットシッターが行う成犬の散歩中の働きかけ

骨格がしっかりしてきて、体も心も成熟する成犬の時期は、人間でいえば20歳から40歳の頃。社会性の学びをメインとする幼犬の散歩と異なり、ペットシッターは、ワンちゃんのしつけをメインに散歩をおこないます。

 

散歩中はリーダーウォークを心がける

リーダーウォークとは、ワンちゃんが飼い主さんと寄り添って歩く散歩方法です。ワンちゃんがリードを引っ張らず、飼い主さんの歩幅に合わせて歩いてくれるので、ワンちゃんが突然飛び出したり、リードを引っ張ってけがをしたりする心配がありません。

 

ペットシッターは、ワンちゃんがリーダーウォークができるように働きかけながら散歩を進めていきます。

 

リードを短く持ってワンちゃんの飛び出しに対応

好奇心が旺盛で、人が大好きなタイプのワンちゃんは、散歩中にほかの飼い主さんに飛びついてしまう場合があります。急にワンちゃんが飛びついて、ほかのワンちゃんを怖がらせたり、飼い主さんにけがをさせたりしないよう、ペットシッターはリードを短く持って、ワンちゃんの急な飛び出しに対応できるようにしています。

 

ペットシッターならワンちゃんそれぞれに合わせた散歩が可能

ペットシッターは、ワンちゃんそれぞれの年齢や気質、環境に合わせて散歩中の働きかけを変えています。

 

室内飼いのワンちゃんが増えていますが、ワンちゃんが健康でストレスなく過ごすためには外での散歩が大切です。散歩は、ほかのワンちゃんや飼い主さんとふれあい社会性やしつけを学べる大切な行為です。

 

小犬、成犬それぞれに異なる働きかけで、ワンちゃんが楽しく散歩ができるお手伝いをしてくれるのが、ペットシッターです。