【必見】愛犬に転ばぬ先のペット保険【選び方】

「愛犬には長生きして欲しい…」飼い主なら誰もがそう願うものです。近年、ドッグフードの質の向上や医療が発達したことにより、ペットの寿命も伸びて医療費の負担も大きくなってきています。

 

言葉を話さない愛犬の為に、ペット保険は必ず入っておくべきです。そこでペット保険に入るなら、タイミングや内容をよく理解しておく必要があります。

今回は、最適なペット保険の選び方をご紹介します。

 

ペット保険の重要性

ペットの存在は「家族同然」でありその証拠に、近年では外で犬を飼う人は少なくなってきました。人間と同じようにどれだけ健康に気遣っていても、検診や検査は定期的に受けておくと病気の早期発見にも繋がり、ペット保険の重要性は高いといえるでしょう。

犬の一生涯でかかる費用は?

犬の一生涯(平均寿命14歳として)にかかる費用は約200万円と言われており、年間約14万円必要です。また、その中で1番かかる費用は医療費だと言われています。

 

ペットの医療費は、人間と違って「100%自己負担」になります。この医療費を少しでも抑える為にできることは、常に健康に気遣うことと『ペット保険』に加入しておくことです。

 

ペット保険の必要性

ペット保険の必要性は、『保険料の軽減』『最善の治療を受けさせてあげれる事』です。

生涯でかかる費用のほとんどは「検査」や「医療費」であり、犬ちゃんの健康に関わる事です。ペットの平均寿命が長くなり、出来れば長い間元気に一緒に居たいと願うならペット保険は不可欠です。

 

ペット保険加入タイミングについて

犬ちゃんを飼うのが初めてなら、ちょっとした事で不安になり検査や診察を受けてしまうでしょう。犬ちゃんが、病院へ行くのは病気だけではありません。子犬のうちでも小型犬ならよく走り回る為、怪我の恐れもあります。

 

犬種によってはヘルニアになりやすい犬種も存在する為、ペット保険に入るタイミングを見極める必要があります。

 

ペット保険料

ペット保険は診療にかかった一部が保険金として補償されるシステムです。ペット保険料は、「年齢」「犬種」「保険補償内容」で変わります。「混血犬(ミックス)」の場合は、成犬時の予想体重を元に保険料が計算されます。

 

また、補償の割合が高くなれば支払われる保険金も大きくなりますが、その分保険料が高くなる場合もあるので注意してチェックしておく必要があります。

 

免責

保険に入る前から患っている病気や怪我、先天的な疾患がある場合、保険金の対象にならない免責事由があります。免責事由はペット保険によって変わるので、持病や怪我の経歴がある場合は「どの様な場合が補償対象外なのか」を確認しておきましょう。

 

継続加入で引き上がる保険料

ペット保険を毎年継続する度に犬ちゃんの年齢も1歳上がっているということになります。ペット保険の保険料は、毎年少しずつ上がるタイプの保険会社と一定の年齢に達する毎に保険料が上昇していくパターンの保険会社があります。

 

年齢の上がるタイミングは「3歳ごと」または「5歳ごと」など、保険会社により異なります。

 

犬にとって最適な条件を選ぶ

犬にとって優しい条件を選ぶことによって、万全の体制で医療を犬ちゃんに受けさせてあげられます。愛犬にとって最適な条件は、以下が考えられます。

 

ペット保険加入後すぐに補償を受けられる

一般的にペット保険の申し込みをしてから補償開始までに時間がかかる保険会社があります。愛犬に万が一の事があった時のためも、なるべく早く補償が開始されるペット保険が良いでしょう。

 

検査をした結果、治療が不要でも補償される

飼い主さんが犬ちゃんの気になった行動や症状に対して「検査」を行った場合、「様子見」と判断し治療が必要ない場合があります。最近では、治療よりも検査の方が費用がかさむので、こういった場合にも補償が適応される保険を選ぶと出費を少しでも抑える事ができます。

 

継続的な治療の場合、薬の補償だけでもされる

一回診断を下されたら同じ薬を継続的に処方されることがあります。心臓病の場合は、こういったことはよくあります。犬ちゃんの負担を考え、診察に連れてこなくても良いと診断する先生もいるので、診察が必要のない「薬の処方のみ」の補償があるだけでも大きな助けとなります。

 

海外の医療品も補償の対象になる

日本にない医療品を海外取り寄せる事があります。この場合、補償対象になるペット保険に入っておくと便利です。海外の医療品が対象になっていると継続的に治療が受けやすくなります。

 

まとめ

愛犬の健康の為にもペット保険の重要性は高く、医療費を抑えながら最適な医療を受けさせる為にも必要です。ペット保険に入るタイミングは、ペット保険は加入できる年齢に制限があるので早めの加入に越したことはありません。ペット保険が気になり始めたら、犬種によってかかりやすい病気や性格によって加入を検討すると良いでしょう。

 

アナタが、愛犬の為に万が一に備えておくべきことは愛犬に適した「ペット保険」です。この機会に、愛犬に合ったペット保険をご自身でも調べてみてください。