猫と過ごす家づくりVol.8|夜中に暴れる猫の対策

飼い主さんがやっと寝床につく時間に、猫ちゃんがいきなり暴れ回るとびっくりしますよね。

猫ちゃんが夜間の時間に暴れてうるさいのは、ご近所への迷惑にもなり飼い主さんにとっても悩みの種です。しかし、猫ちゃんには猫ちゃんなりの暴れる理由があるのです。

 

この猫ちゃんが暴れる理由や原因を理解し、飼い主さんの健やかな睡眠を取り戻しましょう!

今回は、猫ちゃんがいきなり夜中に暴れる原因やその対策をご紹介します。

猫が暴れる原因を知る

別名「猫の夜の運動会」と呼ばれる、猫ちゃんがスイッチが入ったように暴れる「真空行動」は、何故起こるのでしょうか?

まずは、猫ちゃんが急に暴れる原因から紐解いていきましょう。

 

暴れる原因

猫ちゃんが暴れる原因は、3つあります。

 

猫の野生的本能

猫ちゃんは元々夜行性の狩猟動物であり、昼はゆっくり体力を温存して夜中に狩りに行く習性があります。

 

しかし、飼い猫の場合はご飯を定期的に貰えるため、夜中狩りに行く必要がありません。

真空行動は、蓄積されたエネルギーが発散できていない時に一気に発散させる為の代償

行為だと言われています。

 

ストレス発散

猫ちゃんは、規則正しい生活を好みます。そして、猫ちゃんはペットの中でもストレスを感じやすい動物です。猫ちゃんの場合、大きな環境の変化(引越し、部屋の模様替え、赤ちゃん誕生など)によるストレスや些細な変化(飼い主さん自身のストレスなど)で様々なストレスを感じ取ってしまうのです。

 

酷く暴れたり、粗相、引っ掻く、夜泣きなどの行為は、ストレスから来るものかもしれません。

 

暴れる猫ちゃんの病気の可能性

夜に暴れ回る猫ちゃんの中には、甲状腺機能亢進症や副甲状腺機能低下症の疑いがあります。その場合は、速やかに動物病院へ連れて診察を受けてください。病気が原因の場合は、暴れる以外にもおしっこの回数が増えたり、下痢や嘔吐などの体調不良もみられます。

 

猫ちゃんが夜中に暴れ回るのを改善するには?

昼間は大人しかった猫ちゃんが急に暴れたりすると飼い主さんも不安や心配になりますよね。猫ちゃんの夜に暴れだす行為がみられたらどのように対処するべきなのかをご紹介します。

 

猫ちゃんのストレスを軽減する方法

猫ちゃんの元々持っている狩猟本能もストレスも「発散できていない」ことが、暴れだす原因です。猫ちゃんをしつけするよりもまずストレスを軽減させる方を優先しましょう。

 

猫ちゃんの生活リズムを整える

人間も同じように昼間寝すぎてしまうと夜に起きて眠れなくなります。

それと同様に猫ちゃんが夜行性であっても、昼間に動く習慣をつけさせると自然と夜は寝るようになります。

 

猫ちゃんが昼間動けるようキャットタワーを工夫したり、飼い主さんが遊んであげる習慣を取り入れてると人間と同じような生活リズムになり飼い主さんも楽になるはずです。昼間は遊べない飼い主さんも寝る1時間前に10〜20分遊んであげるようにしてみてください。

 

猫が暴れた時に効果的な行為とタブー行為

猫ちゃんが暴れてしまった時はどのような対応をすれば良いのか、またやってはいけない行為をご紹介します。

 

猫ちゃんが暴れた時に効果的な行為

猫ちゃんの首の後ろを掴む

親猫が子猫の首を咥えている姿をみたことはありませんか?この時、子猫は親猫が運びやすいように声を出さずにじっとする習性があります。これをうまくしつけに利用すると良いでしょう。一方、強く掴みすぎると猫ちゃんを傷つけてしまったり逆効果ですので、優しく摘んであげてください。

 

無視する

猫ちゃんは飼い主さんのストレスを感じ取ってしまうほど敏感な生き物です。

猫ちゃんが暴れた時に、飼い主さんも一緒に興奮すると余計に猫ちゃんが興奮してしまう可能性があります。飼い主さんが無視していると、猫ちゃんはつまらなくなって暴れ回るのを止めるかもしれません。

 

猫ちゃんが暴れた時にタブーな行為

叩く

ペットのしつけで「叩く」方がいますが、あまり良い方法とは言えません。

猫ちゃんを叩くと「人間は攻撃してくる」と認識し、無闇に猫ちゃんが人間に対して攻撃的になったり、飼い主さんとの信頼関係が崩れてしまいます。

 

無闇に近づかない

猫ちゃんを宥めようとして飼い主さんが近づいても攻撃をやめない場合があります。

そんな時は、慌てふためく冷静に近づくのをやめて無視しましょう。

猫ちゃんが本能剥き出し状態は。飼い主さんでも手がつけられません。

 

まとめ

猫ちゃんが夜中に暴れまわるなら、ストレス発散を心がけてあげてください。

遅ごとが忙しい飼い主さんは、疲れた身体で寝る前に遊んであげるのも大変だと思います。そんな時は、うまくペットシッターを利用してお昼間に猫ちゃんと遊んでもらっておくのも良い方法です。

 

他にも猫ちゃんのケアや簡単なお手伝いをしてくれたりするので、忙しい方の強い味方になります。今は様々なペットサービスが増えているので、お仕事で忙しい方もペットが飼いやすい時代になってきたといえるでしょう。