ペットに猫を飼おう|種類ごとの特徴Vol.7

2015年に猫の飼育数が犬の飼育数を上回ってから、ペットショップではいろいろな種類のネコちゃんを見かけるようになりました。

 

猫と一口に呼んでいても、猫種によって特徴や性質は様々。猫らしい猫もいれば、猫らしくない猫もいて、時には飼い主さんが求めている猫像とは違うことも…。

 

だからこそ、ペットに猫を飼うなら猫種の特徴を知ることが大切!なぜならこれから長い時間を一緒に過ごすパートナーになるからです。

エキゾチックショートヘア

エキゾチックショートヘアの特徴

何かにびっくりしたような丸い目と低い鼻、そして丸い顔にちょこんとついた小さめの耳が、なんとも言えない味わいのある顔立ちをしています。「ブサカワ」というちょっと失礼な表現が、褒め言葉になるのがエキゾチックショートヘアの魅力です。

 

体型はずんぐりむっくりの足短さんで、やや大きめのコビータイプ。毛の短いペルシャ猫と表現するのが一番しっくりきそうです。

 

被毛は短毛のダブルコートですが、毛足は5cm程度とやや長め。ふかふかの手触りがヌイグルミを連想させます。毎日ブラッシングをするだけでコートの美しさを保つことができるので、お手入れにはあまり苦労しないでしょう。

エキゾチックショートヘアの飼いやすさ

おっとりとして穏やかな性格ですが、そのわりに活発なところがあり、キャットタワーなども大好きです。人によく慣れて抱っこされるのも嫌がらない甘えん坊の性格は、子どもや他の動物がいる家庭でも無理なく飼うことができそうです。

 

また、声が小さくてあまり鳴かないため、ペット可の集合住宅でも飼いやすい猫といえるのではないでしょうか。

エキゾチックショートヘアの価格帯

毛色や目の色によって価格に幅があり、おおむね16~35万円程度といったところですが、タレ目、小さめの耳が左右離れてついているほうが人気が高い傾向にあるようです。

シンガプーラ

シンガプーラの特徴

公認されている猫種としては、世界最小とされている猫。かなり小型に見えるのに、標準的な体重が意外にも2~3kgあるのは、小さくても筋肉質な体をしているからです。大きな目と耳が特徴で、まるで妖精のように愛らしいのに、表情には野性味が残されています。

 

被毛は短毛ですが、1本1本の毛がなんと4色に分かれていて、皮膚と接する一番深い部分は淡いアイボリー。しかし先端は濃い茶色をしており、この色の変化によってシルクのようになめらかな被毛がキラキラ光ります。

シンガプーラの飼いやすさ

小さな体の中に好奇心が詰め込まれた猫です。とても甘えん坊で人間にもよく慣れ、飼い主にまとわりついて遊んでほしいとアピールする性格。この可愛い仕草を無視できる飼い主さんはいないでしょう。

 

もともとネズミを獲る習性があったことから、オモチャによく反応するので見ていて飽きません。ただし、他の猫やペットに対して嫉妬心が大きい傾向にありますので、多頭飼育をするより1匹飼いのほうが平和に過ごせそうです。

 

基本的にあまり鳴き声をあげませんが、鳴いても声が小さいため、集合住宅での飼育にも適している猫といえるでしょう。

シンガプーラの価格帯

シンガプーラ子猫の販売価格はおおむね23~32万円程度といったところです。オスよりメスのほうがやや販売価格が高くなるようです。

サイベリアン

サイベリアンの特徴

サイベリアンとはシベリアの意味で、その名の通りロシア原産の猫です。極寒に耐えられるだけあり、ロングコートの被毛は見事なまでにフサフサで、シッポもかなりゴージャス。足の裏には、雪の上を歩くために必要な房毛(ふさげ)と呼ばれる被毛がしっかり生え揃っています。

 

サイベリアンの特徴の一つである豊かな被毛は、寒さから身を守るためのなんとトリプルコート!

 

筋肉質の体は標準的な体重が6~8kg程度ですが、10kgを超えることも。また、サイベリアンは成長の速度が遅く、成熟するまでには5年を要するともいわれています。

サイベリアンの飼いやすさ

大型の猫のわりに好奇心が強く、運動神経も抜群。とても懐っこくて、犬のような猫と表現されることもあります。

 

しかもとても賢いため、飼い主さんとコミュニケーションがとりやすい猫。実際にかなりの数の指示語を覚えることができるため、ロシアのサーカスで活躍している猫はサイベリアンだといわれています。

 

基本的には飼いにくい猫ではありませんが、水を怖がらない性質から魚につられて水に飛び込んでしまう無鉄砲なところも。トリプルコートの被毛は暑さに弱いため、クーラーは必需品です。もちろん、こまめにブラッシングをしないとしないとあっという間にもつれてしまうでしょう。

サイベリアンの価格帯

サイベリアンはかなり高額な部類の猫です。通常の血統でも30~40万円、優良血統の場合は70~90万円以上の値が付いています。

まとめ

体格の大きな猫から小さな猫まで、猫には魅力的な種類がたくさん存在します。性質も猫種によって違いがありますので、ペットに猫を飼おうと決めたら、まずは自分の住む環境に合っている猫なのかをしっかり確認しましょう。