【ペットのケア情報】犬のうれション対処法

飼い主に興奮するワンちゃんのうれション…たまにされる分には可愛いですが、毎回ウレションされてお部屋のあちこちシミだらけになるのは考えものです。うれションは子犬の時期によく見られますが、成犬になってもウレションを頻繁にするようでは飼い主さんも心配になってきます。

 

飼い犬が成犬なのにも関わらず、頻繁にうれションをしていて大丈夫なのか不安な方は、原因と対処法を知っておいてください。今回は、【ペットのケア情報】うれションの対処法についてご紹介します!

 

うれションの原因って?

うれションの原因は、主に「興奮」です。

飼い主さんが外出からお家に帰ってくる度やワンちゃんの名前を呼ぶだけでうれしょん してしまうケースはよく見られます。

 

また、うれしょんは「服従心」を表す行為とも言われていて、飼い主さんに対する依存がうれションに現れる事も…。

 

うれションしやすい犬の特徴

うれションしやすいワンちゃんは、年齢やサイズや性格で変わります。

 

子犬時期は、膀胱の筋肉が未発達という事もあり、コントロールできずにお漏らししてしまいます。また、好奇心旺盛で感情を抑えきれないことも原因の一つです。犬の大きさで言えば、小型犬は体格の問題から服従心を表す為にうれションしやすい傾向にあります。

 

子犬の時期は仕方がありませんが、成犬になるにつれてうれションしなくなりますが、成犬になってもうれションが治らないケースもあります。

 

「分離不安」とは

飼い主さんに対して過剰な依存を示す場合、「分離不安」といって飼い主さんが不在中にワンちゃんが不安になり過ぎることです。依存心や恐怖心が強く気が弱い性格のワンちゃんもうれションしやすい傾向にあります。嬉しいという感情だけでなく、ストレスや恐怖心でお漏らしする事もあるのです。

 

飼い主さんが、出かける前に「今から行ってくるからね」と過剰に話しかけすぎると分離不安を引き起こしやすくなります。

 

飼い主さんがお出かけする前は静かに出ていき、帰宅後落ち着いてから声をかけるようにしましょう。出かける前と帰ってきた後の飼い主さんの態度のギャップを作らない方が分離不安を回避できます。

 

うれション対処方法・治し方

ワンちゃんを飼い始めたての頃はうれションする姿すら愛おしいですが、毎回うれションされると掃除も大変なので厄介なモノになります。

 

うれションを改善するには、飼い主さんが根気良く対処し続けることが必要です。

飼い主さんは、感情的にならず落ち着いて対処するように心がけてください。

 

興奮させないようにする

うれションの主な原因である「興奮状態を避ける」ように心がけましょう。

例えば、飼い主さんが帰宅後にワンちゃんが興奮するようなら、飼い主さんはワンちゃんを興奮させないように構いすぎないようにします。帰宅後すぐの抱っこや名前を呼んだりするのもやめてみてください。

 

来客時の対処

来客の度にうれションをするのであれば、まず人との距離を置く必要があります。

ワンちゃんが落ち着くまでクレートで待機させてから対面させたり、室内であってもリードを付けて対面させてみてください。

 

予めお客さんにも落ち着くまで相手をしないように伝えておくとより効果的です。

また、事前におしっこを済ませておくのも方法の一つなので、来客前にお散歩させてあげるのも良いでしょう。

 

頻度が高すぎるなら病気を疑え!

うれションの頻度が多いのであれば、泌尿器系の病気の可能性を疑う必要があります。

代表的な病気が「膀胱炎」です。メスは、校門と尿道が近いため膀胱炎になりやすい傾向があります。

 

犬種によって引き起こしやすい病気との関連も考えられる為、明らかにうれションではないタイミングで粗相を繰り返すなら速やかに病院で診察を受けましょう。

 

うれションが改善されない場合

うれションが治らない場合は、マナーバンドやマナーパンツなどの所謂オムツを履かせて対処する方法もあります。

 

一日中付けっ放しは、ムレて被れるので一日数回付け替えるか、お粗相する前を予測して履かせるなど工夫してください。オムツを毎日するのであれば念のために、皮膚のチェックもしてあげてくださいね。

 

まとめ

ワンちゃんのうれション自体は、飼い主さんへの「大好き」という気持ちの現れでもあります。自分への愛情がオシッコだなんて飼い主さん的にはちょっと複雑ですが、決して叱らないであげてください。

 

ウレションの改善は、飼い主さんが根気良く対処し続けなければならないので、飼い主さんが過剰にストレスを抱えないようにするのもお忘れなく!ワンちゃんが病気ではない限り飼い主さんが過剰に不安になる必要はありませんが、なかなか治らない場合は一人で悩むより専門家へ相談してるのが良いでしょう。