赤ちゃんとペットの猫との生活はアレルギーに気を付けて!

ネコちゃんと赤ちゃんが本物のきょうだいのように、仲睦まじく過ごしている姿はとてもほほえましいですよね。

 

ネコちゃんやワンちゃんなどの動物を飼うことは、免疫力がアップする、愛情ホルモンの分泌をうながすなどの効果があるとされています。

 

しかし、赤ちゃんが猫アレルギーを発症してしまうと、発熱や咳など症状が起こるばかりか、最悪死に至ることも。赤ちゃんとネコちゃんが一緒に暮らすなら、ネコちゃんのアレルギーについてきちんと考える必要があります。

 

ネコちゃんのいる家に赤ちゃんを迎える前に、アレルギーの原因や、アレルギーによる被害について詳しく知っておきましょう。

 

猫アレルギーの原因をくわしく解説

猫アレルギーは、タンパク質が主な原因です。このタンパク質がなぜ、人にアレルギー反応を起こさせるのかも、近年の実験でわかってきました。

 

まずは、アレルギーを正しく理解して、猫アレルギーにかかると、どのような反応が出るかをチェックしておきましょう。

 

猫アレルギーの原因となるタンパク質は8種類

ネコちゃんのアレルギーの原因物質は、「Fel d 1」から「Fel d 8」とよばれるもの。そのなかでも、ネコちゃんの皮脂腺、肛門腺、唾液腺から分泌される糖タンパク「Fel d 1」と、唾液を放出する顎下腺から分泌される「Fe d4」が猫アレルギーのおもな原因です。

 

バクテリアと接触することでアレルギー反応が誘発

猫アレルギーで見られるアレルギー反応は、くしゃみや鼻水、せき、目の痒みなど。一般的な風邪と症状は似ていますが、ひどいものだと、呼吸困難になり、最悪の場合死に至ることもあります。

 

ネコちゃんの唾液や皮脂から発生するアレルゲンは、生活の中にあるバクテリアと接触して、人に有害なアレルギーを誘発すると考えられています。

 

掃除では取り除けない猫のアレルゲン

家を掃除、換気して清潔にしていても飼い主さんや赤ちゃんが猫アレルギーを発症してしまうことがあります。猫アレルギーは、掃除や換気だけでは取り除けません。

 

毛やフケについた唾液や皮脂から猫アレルギーが発生

猫アレルギーは、ネコちゃんの毛やフケが原因だとおもわれがちです。しかし、ネコちゃんの毛やフケ自体はアレルゲンではありません。

 

毛やフケについた唾液や皮脂がアレルギーを引き起こしているのです。

 

唾液や皮脂に含まれるアレルゲン物質は、ホコリやチリなどよりも細かくて空気にまいやすいもの。

 

掃除機や空気清浄機では吸いきれないほど大きさで空気中を浮遊しているため、こまめに掃除をしていても、気管支に入り込み、アレルギー反応が出てしまうのです。

 

ペットの猫がいる家庭のアレルギー量はどれくらい?

国立情報学研究所が、1998年に室内のアレルゲンについて調べた学術研究によると、ネコちゃんを飼っている家庭のペットアレルゲンは、イエダニのアレルゲンのおよそ60倍。

 

ダニアレルゲンに比べて、ペットアレルゲンの量が非常に多いと証明されたのです。

 

ネコちゃんが好んで入り込む布団の中やこたつの中などは、特にアレルゲンが蓄積しやすい場所。そのため、飼い主さんや赤ちゃんは、ネコちゃんと暮らすリビングだけでなく、睡眠中もアレルゲンにさらされているのです。

 

ペットの猫が外からダニ持ち込む可能性も

ネコちゃんはアレルゲンの媒体になる可能性もあります。ネコちゃんが外にでかけたり外ネコちゃんと接触したりしたときにもちこんだ外ダニが、アレルギーの原因になることも。

 

ダニは掃除機で吸い取ったり、日光にあてるだけでは死滅しません。外からネコちゃんについてきたダニが赤ちゃんをさしてしまったり、ダニのふんで被害が出ることも考えられます。

 

猫のマーキング行為がカビの原因になる

ネコちゃんが壁や柱におしっこをひっかける、スプレーと呼ばれるマーキング行為はカビの原因になり、飼い主さんや赤ちゃんに悪影響をおよぼします。

 

また、ネコちゃんが上手にトイレでおしっこができてるからといって、トイレの掃除をおこたっていては、カビの温床になってしまいます。

 

カビが生える条件は以下の3つ。

・温度(20℃から30℃)

・湿度(60%から80%)

・カビの栄養源となるもの

 

ネコちゃんが快適に過ごせて、湿度の高い場所にカビの栄養源であるおしっこや糞を放置しておくと、あっという間にカビが生えてしまいます。

 

カビを吸い込むことで、鼻水やせき、湿疹などのアレルギー症状が起きてしまうのです。

 

ペットの猫のアレルギーは身近なところに|アレルギーの悩みは無料相談に頼ろう

ネコちゃんの唾液や皮脂に含まれるアレルゲンや、外から持ち込むダニ、スプレー行為によるカビなどにより、飼い主さんがアレルギーを発症してしまう危険性があります。

 

赤ちゃんにアレルギー反応が出てしまうと、発熱を引き起こしたり、重症化したりしてしまうことも。

 

ネコちゃんと一緒に暮らすなら、アレルギーについてしっかりとした対処が必要です。

アレルギーの心配ごとや悩みは、【無料相談】で相談しましょう。