猫の病気の予備知識|猫の膀胱炎の原因と対処法をチェック!

最近、ネコちゃんが何度もトイレにいくようになった、排尿のたびに苦しそうに鳴くなどと感じていませんか。

 

ネコちゃんのトイレの回数が増えたり、粗相が多くなったりした場合、膀胱炎の可能性が考えられます。

 

膀胱炎は人だけでなく、ネコちゃんもかかる代表的な病気のひとつ。膀胱炎は、放っておくと、腎臓系の病気になったり、最悪の場合死に至ることもある恐ろしい病気です。

 

ネコちゃんの膀胱炎は早期に発見して対処が大切です。ネコちゃんからの膀胱炎のサインを見逃さず、早期に発見して治療をしてあげましょう。

 

猫の膀胱炎は細菌性と特発性|それぞれの原因は?

ネコちゃんの膀胱炎の原因は細菌性膀胱炎と特発性膀胱炎の2種類があります。ネコちゃんの膀胱炎の症状と、それぞれの膀胱炎の原因について解説します。

 

猫が膀胱炎にかかったときに見られる症状

ネコちゃんが膀胱炎になった場合、頻尿や血尿、トイレ以外の場所での排尿などの症状がみられます。

 

また、食欲が低下する、元気が無くなるなどの変化が訪れることも。

 

細菌性膀胱炎の原因

ネコちゃんの膀胱炎のうち、細菌が侵入して起こるものが「細菌性膀胱炎」です。細菌はその多くが、尿道口から尿道を通り膀胱に到達します。膀胱で増えた細菌により、膀胱粘膜に傷がつき、出血がおこってしまうのです。

 

特発性膀胱炎の原因

ネコちゃんの膀胱炎のうち、発生した原因がわからないものを「特発性膀胱炎」とよびます。突発性膀胱炎は、いくつもの要因が関係していると考えられていますが、そのうちのひとつがストレスです。

 

ネコちゃんが気軽にトイレにいけない状況や、落ち着かないスペースでの排泄は、ネコちゃんにストレスを与えてしまいます。

 

また、肥満も膀胱炎の原因のひとつです。突発性膀胱炎の場合は、細菌性膀胱炎とは異なり、細菌や尿石などは検出されません。特発性膀胱炎は、10歳以下の若いネコちゃんに多く見られます。

 

猫の膀胱炎の対処方法

ネコちゃんが膀胱炎になった場合、飼い主さんにできる対処方法を確認しておきましょう。

 

ストレスの原因を取り除く

ネコちゃんはストレスにより、膀胱炎にかかってしまう場合があります。ネコちゃんが排泄でストレスを溜めないように、環境をととのえてあげましょう。

 

ネコちゃんが隠れられる場所や静かな環境での食事をこころがけて、ネコちゃんのストレスを減らしてあげましょう。

 

また、ネコちゃんは環境の変化に弱い動物です。ペットシッターやペットホテル、旅行や新ネコちゃんの来訪などはネコちゃんのストレスになります。

 

いつもと違う環境にはなるべくさらさず、普段通りの生活を心がけてあげましょう。

 

水分を多めに摂取させる

ネコちゃんが膀胱炎になった場合、飲む水の量を増やして、新鮮なおしっこをたくさん作れることが大切です。そのために、水飲み場を増やしたり、ぬるま湯やミルクを用意してあげたりとネコちゃんが水を摂取しやすい環境作りをしましょう。

 

トイレ環境を見直す

ネコちゃんは、清潔な場所での排泄を好みます。普段使っているトイレの砂が汚れていると、排泄ができなくなるほど、ネコちゃんはデリケート。トイレは綺麗な状態を保ちましょう。

 

また、複数のネコちゃんを飼っている場合、トイレの数にも注意が必要です。トイレの数はネコちゃんの数+1以上を厳守しましょう。

 

猫の膀胱炎を防ぐには?

ネコちゃんは膀胱炎になりやすいため、一度治ったと思っても再発する可能性があります。ネコちゃんがおだやかに暮らせるように、飼い主ができる膀胱炎の予防方法を知っておきましょう。

 

猫のエサを変える

ネコちゃんはもともと、成分濃度が濃いおしっこをする動物です。濃度の濃いおしっこは、尿石の原因になり、ネコちゃんは排尿の痛みから、ますますおしっこを我慢する悪循環が起こってしまいます。

 

尿を希釈するために、えさを水分含有量の多いウェットフードに変えたり、飲水量を増やすためにドライフードを与えたりしましょう。

 

猫が気軽に水が取れる環境にする

ネコちゃんが膀胱炎にかからないためには、膀胱に長時間おしっこをためない工夫も大切です。

 

そのために、水分をしっかり摂取させておしっこの回数を増やしてあげましょう。 いつでも水分を取れるように水飲み場を複数作ったり、水の温度を変えてみたり、水を綺麗に保つように心がけましょう。

 

ストレスの無い環境をつくる

ネコちゃんはデリゲートで、環境の変化に敏感な動物です。ネコちゃんが安心して暮らせるように、隠れられる場所を作ったり、食事場所を清潔に保ちましょう。また、適度な運動もストレス発散に役立ちます。

 

家にキャットタワーやプレイトンネルなどのグッズを設置して、ネコちゃんが気軽に遊びながら運動でストレスを発散できるようにしましょう。

 

猫の膀胱炎の原因はさまざま|悩んだら相談しよう

ネコちゃんは、膀胱炎になると食欲が急に低下したり、おしっこに血が混じったり、排尿のたびに機嫌が悪くなったりするなどの症状が見られることがあります。

 

ネコちゃんの膀胱炎は、ほっておくと命に関わる場合も。ネコちゃんの膀胱炎の原因はさまざまです。どのように対処すればいいか。悩む場面もあるでしょう。ネコちゃんの膀胱炎の心配ごとは【無料相談】で相談しましょう。