愛犬に嫌われてしまった人の特徴や行動とは?

ペットのワンちゃんとは相思相愛の関係でいたいもの。しかし、ワンちゃんとの関係性の構築に悩む飼い主さんも珍しくありません。名前を呼んでも来なかったり、触るのを嫌がったりするのであれば、飼い主さんとワンちゃんの心の距離が開いている可能性があります。

 

今回は、ワンちゃんに嫌われてしまう人の特徴や行動をまとめました。「慣れているから大丈夫」としていた行動が、実はワンちゃんからの信頼を失う原因になっていることもあります。ワンちゃんとの関係に悩んでいるのなら、今一度自身の行動を見直してみましょう。

 

ワンちゃんに「信頼できない」と感じさせてしまう行動

ワンちゃんは人との関係を築きやすい動物と言われています。しかし、飼い主さんがワンちゃんを不安にさせる行動をとったり、危険に感じる行動をとったりすると、ワンちゃんは飼い主さんへの警戒心を強めます。

 

家族としての期間が長くなっても、「慣れているから何でもあり」ではありません。ワンちゃんの本能や習性を知って、ワンちゃんに全幅の信頼を寄せてもらえる飼い主さんでいたいですね。

 

ワンちゃんが本能的に嫌がりがちな行動

・上から急に触る

大好きな飼い主さん相手であっても、びっくりするような触られ方をするのをワンちゃんは好みません。急な動きはワンちゃんの警戒心を煽ります。

 

・高い目線から接する

信頼関係が築けているのであれば問題ありませんが、ワンちゃんとの心の距離が開いているのであれば高い目線から接するのはNGです。ワンちゃんに圧迫感を与え、敵対心を煽ってしまいます。

 

・大きな声

大きな声は、ワンちゃんの不安感や恐怖心を煽ります。ワンちゃんが安心するのは、穏やかな優しい声。ワンちゃんに接する時だけでなく、家族内での会話でも注意しましょう。

 

・香水やお酒などの強い匂いがする

嗅覚が敏感なワンちゃんには、強い匂いは不快でしかありません。

 

・真正面から見つめる

目をじっと見つめるのは、ワンちゃんの中では敵意の表れ。もちろん飼い主さんと仲良くご遊んでいる時であれば、アイコンタクトは信頼の証で何の問題ありません。しかし、ワンちゃんとの関係性に歪みが出ているのであれば、今一度この習性を思い出して行動してみましょう。

 

・すぐ怒る

感情的に怒鳴られたり、飼い主さんの家族内で叱る基準が異なっていたりすると、ワンちゃんから信頼を得られなくなります。ルールは家族内で統一しましょう。

 

・散歩中に嫌いな対象物の接近を許してしまう

散歩中に苦手な対象に出会うことは、恐怖や不快感の原因になります。その時に飼い主さんが距離をとって守ってあげなければ、ワンちゃんからの信頼を失うきっかけになるかもしれません。

 

親切でした行動で嫌われるケース1.食事の邪魔をする

ワンちゃんがエサを食べている時に、こぼれたエサを拾ってあげようと思ったり、お皿の位置を食べやすいように変えてあげようと思ったりすることもあるはず。飼い主さんが親切心でしてあげた行動でも、実はワンちゃんが嫌がる場合があります。

 

食事中に手を出されると、ワンちゃんは「エサを奪われる」と感じてしまいます。飼い主さんに不信感や敵対心が芽生える原因となるため、ワンちゃんが食事をしている時はそっと見守るようにしましょう。

 

また、食べ物を目の前にしての「待て」にも要注意。可愛いのでついつい何度もやらせたり、写真や動画を撮るのに必死になっていませんか?食べたい気持ちが募っているワンちゃんは健気に待てをしますが、不安や緊張感も高まります。「もらえるのかな?」「盗られないかな?」と不安を抱かせるのは可哀想なので注意しましょう。

 

良かれとした行動で嫌われるケース2.寝てる時に手を出す

食事中と同様に注意したいのが、ワンちゃんが寝てる時の行動です。眠っている姿が可愛くて思わず撫でてしまったり、寒そうに感じて移動させたりするとワンちゃんはびっくりしてしまいます。

 

就寝中に襲われたとワンちゃんが感じてしまうと、一気に飼い主さんは危険人物扱い。心の距離が開いてしまいかねません。ワンちゃんが寝ている時もそっと見守るようにしましょう。

 

触ったり抱き上げたりする以外にも、ワンちゃんが寝ている時に気を付けたい行動があります。人間は深い睡眠が約80%、浅い睡眠が20%と言われています。しかし、ワンちゃんはその逆。浅い睡眠が80%、深い睡眠が20%と、人よりも目を覚ましやすいのです。

 

<ワンちゃんが寝ている時に注意すべきこと>

・撫でる

・大きい音をたてる

・布団やこたつで寝ているのを踏んでしまう

・名前を呼ぶ

 

まとめ

飼い主さんがワンちゃんを大事に思っていても、ちょっとしたすれ違いで、徐々にワンちゃんからの信頼を失ってしまうこともあります。スキンシップを適切にとったり、行動を見直したりして、ワンちゃんからの信頼を取り戻しましょう。

 

ワンちゃんとの関係やしつけに困ったら、【無料相談窓口】もご活用ください。獣医師やトレーナーなどの専門家がご回答いたします。