サビ柄猫は里親が見つかりにくい?こんなにもあるサビ柄猫の魅力!

日本には色んな猫ちゃんがいますが、サビ柄猫ってご存知でしょうか?三毛猫の一種で、茶色と黒とベージュのまだら模様のネコちゃんのことです。かなりの猫好きさんでも、サビ柄猫のことは全然知らないという人もいらっしゃるようです。

 

サビ柄猫はほとんどが雑種ですが、保護猫の場合は、里親さんが見つかりにくい柄だといわれています。いったい、なぜなのでしょうか。

 

一般的に不人気だとされているサビ柄猫、その魅力に迫ってみました。

 

サビ柄猫って本当に不人気なの?

サビ柄猫は、茶色や黒やベージュが入り混じったまだら模様をしています。トラ柄が入っていることもありますが、模様が金属の「錆び」のように見えることから、サビ柄猫と呼ばれるようになりました。

 

一部の口の悪い人の間では「雑巾柄」といわれることもあるくらい、サビ柄猫の柄はインパクトがあり、一見すると汚れているかのようにも見えます。顔もまだら模様なので迫力があり、「怖い」「悪魔のようだ」と感じる人もいるようです。

 

保護猫の譲渡会でも、サビ柄猫は里親さんへの立候補者があまり現れないとも聞きます。不人気な理由は、ズバリ「柄」。サビ柄猫の柄を、「美しくない」と感じる人が多いからです。

 

サビ柄猫はほとんどが雑種だと前述しましたが、まれに純血種でもサビ柄猫が生まれてくることもあります。しかし、たとえ純血種でもサビ柄をしているネコちゃんには、なかなか買い手がつかないとか。

 

すべてのネコちゃんは、どんな柄をしていてもかわいいもの。特にサビ柄猫には、とてもたくさんの魅力的なポイントがあるのです。

 

実はサビ柄猫はこんなにも魅力的!

サビ柄猫は、遺伝子の関係上ほとんどがメスです。三毛猫はメスばかりだということは有名ですが、サビ柄猫のことは知らなかったという人もいるのではないでしょうか。

 

サビ柄猫はメスなので、慎重で頭のいい子が多いです。サビ柄猫と聞くと、「賢い」というイメージを持つ猫ツウさんもいます。

 

そして母性本能が強く、性格のいい子ばかり。見た目が良くないとされているサビ柄猫ですが、中身は本当に素晴らしいのです。母娘や姉妹で協力し合って子育てをすることもあるくらいに、母性や性格の良さを持っています。

 

日本では「金属の錆び」「汚い柄」「雑巾みたいな柄」など、さんざんな言われようをするサビ柄猫。しかし海外では、「べっ甲柄猫」とも呼ばれています。べっ甲柄なら美しいですし、汚いというイメージはありません。

 

それに、サビ柄猫にはふたつと同じ柄はありません。そのためとても個性的で、珍しいネコちゃんなのです。サビ柄猫を「個性があってかわいい」と思う人は、かなりの猫ツウでしょう。

 

一度でもサビ柄猫を飼った人は、その魅力にとりこになるといわれています。次も、その次も、サビ柄猫を飼いたいという気持ちになるそうです。

 

そのくらいサビ柄猫には独特の個性があって、魅力的で、賢く性格のいい子が多いということですね。

 

猫ツウに大人気なサビ柄猫の里親になりませんか?

ネットの里親さん募集では、写真が命のため、サビ柄猫はなかなかもらわれずに残ってしまうことも多いそう。写真だけでは、サビ柄猫の賢さや性格の良さは伝わりません。

 

保護猫の譲渡会に行くと、他の柄のネコちゃんが目当てだったのに、サビ柄猫に惹かれてついつい里親さんになることを決めてしまった…なんて人も。サビ柄猫に実際に会うと、その不思議な魅力に惹きつけられてしまう人が続出します。

 

サビ柄猫はなんだか汚らしいな、なんて思っていたのに、縁があって実際に飼いはじめると「ふたつとない個性的なべっ甲柄で、美人で頭が良くて…」なんて、ぞっこんになる人が多いのも、サビ柄猫の飼い主さんの特徴です。

 

猫ツウと呼ばれる人に人気があるのも、サビ柄猫です。一度飼うとやめられないくらいの魔性のネコちゃん、それがサビ柄猫。

 

汚れているみたいで嫌だな、なんていわずに、ぜひ譲渡会場や保護猫カフェなどで積極的にサビ柄猫と触れ合ったり抱っこしたりしてみてください。甘え上手でゴロゴロと喉を鳴らすサビ柄猫を、思わず連れて帰りたくなってしまう人は、少なくはないはずです。

 

まとめ

柄がきれいじゃない、そんな理由で不人気だとされているサビ柄猫。実は、海外では人気が高いのです。サビ柄猫を、「幸運を呼び込んでくれる」としている国もあります。

 

そんなことは置いておいても、個性があって頭もよく、顔が整っていて美人な子が多いのがサビ柄猫。他のネコちゃんにも優しいので、多頭飼いにも向いています。とても性格のいいサビ柄猫の里親さんになることを、検討してみてはいかがでしょうか。