愛犬が大病を患うその前に!ペット保険加入のススメ

愛犬の大病に備えておきたいと考える飼い主さんは、少なくないでしょう。

例えば、大病に備えてペット保険に加入しておきたいと考える方は多くいらっしゃいます。

 

ペット保険は、人の保険と同じく千差万別です。

犬の年齢ごとに料金設定があったり、お手頃な価格で利用できたりと幅広く存在しています。

保険に加入することで得られるメリットも保険次第で異なるため、飼い主は目的に合った保険を見つけることが重要です。

 

しかし、「ペット保険についてよく知らない」「希望に合うペット保険はどれだろう?」といった疑問を抱えている方もいるでしょう。そこで今回は、ペットの治療に関わるコストやオススメのペット保険の特徴など、愛犬の大病に備えられる情報をお伝えしていきます。

 

ペットの病気っていくらくらいの治療費がかかるの?

 

ペット保険に加入することで、ペットの怪我や病気の際に入院費や治療費を補償してもらうことができます。そこで気になるのが肝心の治療費がいくらくらいなのか、ということです。

一回の通院で終わる場合は、「保険に入らなくても貯金などから賄えるはず」と考える方もいるかもしれません。

例えば、皮膚炎などの通院して治療する病気であれば、入院代は発生しません。

費用は、6日間の通院や診察料、薬品代などを合わせて約3万円になります。

 

対して、ヘルニアやガンのような手術が必要な病気の場合、診察料や検査、手術費といった諸々を含めて30万円を超えるケースもあります。

金額に大きな差はあるものの、想定外に発生した場合には、どちらの病気でも高額な治療費だと感じる方もいるでしょう。

 

病気の中には命に関わるものもあるため、保険に加入しておく方が費用の不安なく、治療を受けることができます。00処置に緊急を要する場合を除き、診察時に治療費の見積もりをしてくれる動物病院もあります。

入院や手術が必要な病気が見つかった際は、事前に確認してみると良いでしょう。

 

また、犬の治療費は、サイズや年齢などによって変動します。

例えば、大型犬の場合は身体が大きいので薬品の量が多くなり、治療費も高くなる傾向があるのです。

そして、治療を受ける病院によってもかかるコストは変動します。

 

例えば、最新設備による治療を受けたい場合は、上乗せした治療費が必要になるケースもあります。

治療費を理由に必要な処置が受けられないのは、飼い主としても心苦しいことです。

治療費を補助してくれるペット保険に入ることで、大切なペットに適切な医療を受けさせることができます。

そのため、ペットの大病に備えるためにもペット保険に加入することをオススメします。

 

ペット保険って掛け捨て?

 

ペット保険の加入にあたり、ペット保険の仕様が気になる方もいるのではないでしょうか。

ペット保険は掛け捨てのものが多く、人向けの医療保険のように、積み立ての要素がないのが一般的です。

 

また、人向けの医療保険のように税制の控除もありません。

上記の点から、ペット保険に加入することに躊躇してしまうこともあるでしょう。

 

高額な治療費に対処するほど貯蓄しておこうとすると大変ですが、ペット保険は加入してすぐの段階でも充実した補償を受けることができます。

そのため、十分な貯蓄ができていないタイミングでも、安心して治療を受けることが可能です。

そして、長期の通院で治療費がかさんだ場合や、一度に高額な治療費が発生する場合に対処しやすい点も大きなメリットです。

補償割合は50%や70%の保険が多く、人の医療費と同じように少ない負担で治療を受けられるようになります。

 

さらに、月々に払う保険料は少額に設定されているペット保険もあります。

この場合、補償が必要ないほど健康だった場合は損と感じるかもしれませんが、貯蓄するよりも少額であるため、もしもの事態に備えられる仕組みです。

 

また、返戻金制度を設けているペット保険や、死亡解約時などにお見舞金として一定額が支払われるペット保険もあります。

ただし、保険の内容によって保険料が変化するため、加入の際はバランスを考えて選ぶことが重要です。

 

オススメの保険の特徴を教えて!

 

ペット保険に加入する際は、補償内容と保険料のバランスを考えることが重要です。

保険料の安さにこだわりすぎても、求める補償を受けられない可能性があり、加入できる年齢や健康状態に制限が設けられている場合もあります。

 

また、補償内容が充実している場合でも、保険料が高ければ継続することが負担になる可能性があります。

犬種によって起こりやすい病気などもあるため、愛犬に適した保険を探すことが大切です。

また、ペット保険を検討している方の中には、ペット保険の特徴が知りたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ここでは、補償内容などから犬の年齢や健康状態などに合わせて、オススメのペット保険の特徴を紹介していきます。

まず、病気リスクの高い犬種や高齢の犬の場合は、頻繁に通院することが考えられます。

そのため、手術や入院費だけでなく「通院費」に対して、手厚く補償してくれる保険が安心です。

対して、若い犬や病気リスクの低い犬種などの場合は、「手術と入院」に備えるだけで十分な場合もあります。

このように、愛犬の健康状態と補償内容を踏まえて検討すると、バランスのいいペット保険を選びやすくなります。

 

また、補償の割合としては、7割以上の保険がオススメです。

10割補償してくれるペット保険もありますが、補償割合に従って保険料も高額になるため、お財布と相談して決めるのがベストです。

仮に、月々の負担が大きくても万が一に備えることを重視するなら、補償割合が100%以上のペット保険も検討してみましょう。

 

また、免責金額についても、注目しておきましょう。

免責金額とは、治療費のうち自費で支払う金額を指します。

免責金額があると、治療費が少額に済んだ場合は自己負担が多くなり、支払われる保険金が少なくなることで、ペット保険を利用するメリットが感じられないケースもあります。

 

例えば、3000円の免責金額を下回る治療費だった場合は、保険金が支払われないこともあるのです。

そのため、少額の治療費を払う形で頻繁に病院を利用する場合は、自己負担額と保険料でコストが膨大になってしまう可能性が考えられます。

 

このように、免責金額の有無を決められるペット保険もあるため、高齢などで頻繁に病院に行く可能性があるなら、免責金額をチェックしておきましょう。

補償内容や保険料と同じく、免責金額があることによるメリット・デメリットをじっくり比較して、選ぶことが重要です。

 

まとめ

今回は、ペットの治療費やペット保険について、ご紹介しました。

ペットの治療や入院で発生するコストは、病気や犬種によって様々です。

そのため、数万円ほどで収まるケースもあれば、数十万円かかるケースもあります。

また、一回の通院費でみれば少額でも、頻繁に通うことによって高額になるケースもあるでしょう。

しかし、どんなに費用が必要であっても、ペットのために適切な治療を受けられる環境を整えたい方は多くいらっしゃいます。

ペット保険なら、月々に一定の保険料を払うだけで、万が一の大病に備えることが可能です。

 

そのため、適切な治療を受けさせるためには、補償内容を入念にチェックしてペット保険に加入することをオススメします。

愛犬の健康状態や希望に沿ったものを選択できるので、目的に合った保険を探しましょう。

 

本サイトでは、ペットに関する無料相談に対応しています。

「愛犬に最適なペット保険を検討したい」「ペットの大病を防ぐための健康習慣を知りたい」などのご相談は、ぜひ無料相談フォームよりご連絡ください。