猫を旅行に連れていっても大丈夫?注意すべき点について解説

猫を飼っている方であれば、猫を旅行に連れていきたいと思う方も多いのではないでしょうか。

しかし、実際のところ猫と旅行することは可能なのでしょうか。

 

そこで今回は、猫を旅行に連れていっても大丈夫なのかというテーマで、ご紹介いたします。

猫との旅行を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

 

猫を旅行に連れて行っても大丈夫?

猫を旅行に連れて行くことは、可能なのでしょうか。

実際には、猫を旅行に連れて行くことは不可能ではありませんが、犬と比較すると難しいといえるでしょう。

 

ここでは、猫を旅行に連れて行く際の問題点をご紹介いたします。

 

連れて歩きにくい

猫は連れて歩きにくい動物であるという点を、把握しておくことが大事です。

 

また、猫は旅行だけでなく、外出そのものを苦手としています。

公共交通機関で移動する場合は、猫をキャリーバッグに入れる手段もあるでしょう。

その際は、キャリーバッグに入ることを警戒をして、拒否するケースも多々あります。

 

また、もしキャリーバッグに入った場合でも外に出れば車の騒音などがあるため、パニックになる猫もいます。

 

このように、猫は外に連れて歩きにくいため、犬と比較すると一緒に旅行することが難しいといえるでしょう。

 

特定の縄張りで生きている

猫は群れることなく単独で生活をしています。

そのため、留守番やペットホテルに預けたとしても、さほど寂しく感じることはないでしょう。

 

しかし、猫を旅行に同伴させることは、難易度が高いということを覚えておきましょう。

なぜなら、猫は縄張り意識がとても強い動物です。

 

また、環境の変化に弱いという特徴も持っています。

そのため、自身の縄張りでは強気でいられますが、縄張りの外に出ると弱気になってしまいます。

 

猫は、マーキングで縄張りを主張して外部の猫が侵入することを防いでいますが、旅行先のような初めて訪れる場所は縄張りの外です。

 

縄張りの外に連れていかれることは、猫にとって大きなストレスになるといえるでしょう。

 

泣きわめく猫もいる

外に連れて出ることで、泣きわめく猫も多いです。 

電車やバスに乗った場合は、車内が外に比べて静かなため、猫も大人しくしている可能性があります。

 

しかし、乗客の話し声や発車する際の物音に反応する猫もいるので、要注意です。

昨今では、ペットと泊まることのできる宿泊施設もありますが、猫と宿泊することは容易ではありません。

隅に隠れてしまうこともあれば、パニックに陥り、あちこちと走り回る猫もいます。

 

他にも、一晩中夜泣きをするため飼い主が一睡もできない、というケースもあるでしょう。

このように、猫との旅行を検討する際は上記のようなリスクがあるため、事前準備や計画を入念に行う必要があります。

 

旅行に連れていくのに向かない猫の性格

 

旅行に連れて行くことに、向かない猫の性格があります。

そのため、旅行に向かない性格の猫を連れていくと、猫も飼い主も大きなストレスを感じてしまうかもしれません。

 

ここからは、旅行に向かない猫の性格にフォーカスをあててご紹介いたします。

 

旅行ができない猫の性格

車に慣れずに育った猫の場合は、旅行に向いていない可能性があります。

 

また、キャリーバッグに入ることを極端に嫌がる場合も、旅行に向いていないといえるでしょう。

他には、過去に動物病院に連れて行くことに苦労した経験がある場合も、旅行に連れて行かない方が良いでしょう。

 

例えば、動物病院に1泊したことで軽い脱水症状を起こしたという事例もあります。

 

この事例は、猫が自宅以外で過ごしたことに相当なストレスを感じたことが原因で起こっています。

このように、上記のような猫は旅行に向いていないといえるでしょう。

 

旅行ができる猫とは

乗り物に慣れている猫は、旅行に向いているといえるでしょう。

猫の中には、飼い主と一緒に様々な乗り物に乗って、世界を巡っているという猫もいます。

 

乗り物に慣れている猫は、子猫のときから車や新幹線などの移動を経験しています。

このように、幼いときから乗り物に慣らすことで、移動のトラブルは回避することが可能です。

 

また、外出時に大人しく寝ていられるかどうかという点は、その猫の性格にもよります。

そのため、普段から猫の性格を観察しておくことが、猫との快適な旅行を実現させる秘訣かもしれません。

 

猫の性格次第という面もある

猫との旅行を検討している際は、猫の性格次第で旅行に連れていくかどうかを見極めることが大切です。

例えば、事前に車に乗せてみたり、キャリーバッグに入れてみてください。

 

そして、自宅でハーネスを付けてみるのも1つの方法といえるでしょう。

もし、車やキャリーバック、ハーネスを嫌がるようであれば、無理に旅行へ連れて行かないようにしましょう。

 

どうしても連れて行きたい時は?

 

どうしても猫を旅行に連れて行きたい時には、前もって準備が必要です。

例えば、キャリーバッグやリード、ハーネス、ポータブルトイレを用意しましょう。

 

こうしたグッズは、出発の1週間前までに揃えておかなければいけません。

なぜなら、猫は初めて見るものを警戒することがあり、旅行に行くまでに実際に触れさせることが必要だからです。

 

また、猫は移動中に水を飲んでくれないことがあります。

美味しい食べ物であれば食べてくれる場合があるため、ウェットタイプのフードあるいはおやつを持っていきましょう。

 

キャリーバッグを濡らすことなく、愛猫の水分補給ができることもメリットだといえます。

それ以外にも、猫が食べ慣れているキャットフードや薬、猫が気に入っている毛布などもあれば準備しましょう。

 

旅行中の猫の排泄に関しては、持ち運びが可能であるポータブルトイレを利用します。

旅行に出発する前には、猫がポータブルトイレで排泄ができるように慣れさせておくことが大切です。

 

移動時間が長くなり、途中で排泄をさせることになるケースもあるでしょう。

その際は、ポータブルトイレが収まるサイズの折り畳みのケージがあると便利です。

 

猫用のケージを置いているホテルは、多くありません。

そのため、折り畳みのケージや災害時用のキャリーバッグを用意しておくと良いでしょう。

このような準備をしておくと、夜中の排泄が心配な際に役立ちます。

 

また、ホテルは他の方も宿泊しているため、ホテルのルールを守ることが大切です。

例えば、部屋から猫が飛び出したり脱走してしまうことのないよう、注意しましょう。

 

また、車で移動する際は猫をケージに入れて、座席あるいは荷台に固定することもポイントです。

もし固定していないと、ブレーキを踏んだ時に体勢を崩して、身体を打ち付けてしまうことがあるからです。

 

このようなトラブルを防ぐためにも、移動の際は必ずケージに入れてあげましょう。

猫を旅行に連れて行きたい時は、さまざまな点に注意する必要があるのです。

 

まとめ

猫は、基本的に旅行には適していないといえるでしょう。

しかし、小さい頃から慣らしておくことで、旅行ができる猫も存在します。

 

もし、猫と旅行をする際には、猫のストレスにならないように配慮することを心がけましょう。

本サイトでは、ペットについてのご相談を無料で受け付けております。

 

もしペットのことでご相談がございましたら、無料相談フォームよりご連絡ください。

皆様からのペットに関するご相談を心よりお待ちしております。